ニキビケア

大人にきびのケアに最も重要なのは保湿

にきびには種類があるということをご存知でしょうか。

 

まず、誰もが一度はできたことがあるであろう思春期にきび、そして20代後半くらいからできる大人にきびです。思春期は、皮脂の分泌が盛んなので、皮脂を餌とするにきび菌が繁殖するのですね。

 

成長期でいくらでも皮脂が溢れるように出てきますから、この頃のニキビケアは、とにかく肌を清潔に保つということに尽きるのですよね。一日何度もニキビ用の洗顔料で洗顔し、皮脂を吸い取るタイプのニキビ薬をつけるという方法が多いです。

 

これで下手にニキビを潰したり触りすぎたりしなければ、やがてきれいに治っていくことが多いでしょう。しかし、大人ニキビはこの方法では絶対に治りません。思春期は皮脂の分泌も盛んですが、水分量も十分なのです。ですから、特にスキンケアに気を使わなくても強引に治すことができるのですね。

 

大人ニキビはホルモンバランスの乱れなどによって、皮脂の分泌が増えることで起こります。思春期と同じく皮脂分泌が増えるのですが、違うのは肌の水分量です。年齢を重ねると保湿力はどうしても衰えてきますから、お肌はテカテカなのに実は乾燥しているという状態になっているのですね。そもそも、その皮脂はこの乾燥を補うためにますます分泌されている可能性が高いのです。

 

思春期は乾燥させて治すという感じだったかもしれませんが、大人になってからそれをやると、ますます皮脂が出ますし、ニキビは悪化する一方です。大人ニキビはとにかく乾燥させず、水分で肌を保護してあげることが重要なのです。病院に行くと、おそらくピーリング効果のある薬を処方されると思いますが、これを塗ると激しく乾燥するのです。

 

ですから、これと同時に保湿剤も処方してくれるはずです。これを同時に塗ることで、水分を補いながら、古い皮脂や角質を淘汰していくのですね。水分の無い肌はバリア機能が働いていないということですから、治しても治しても次々とニキビができてきてしまいますよ。にきびを繰り返さないためにも、やはり保湿力を上げて肌のバリア機能を高めることが重要なのです。