にきびケアとUV対策について

ニキビケアとUV対策について

にきびをケアするためには、普段の洗顔やメイク、クレンジングなどを見直すだけでなく、UV対策についてもきちんと講じる必要があります。しかしながら、多くの人が、にきびとUVケアとの関係について正しく理解していません。

 

こでは、にきびを効果的にケアするための紫外線対策法とそのポイントについて説明していきます。まず、なぜにきび対策のために紫外線をカットする必要があるのでしょうか。UVとは、太陽光に含まれる紫外線のことで、肌細胞や皮膚の老化を進める原因となります。

 

多くの場合、直接日光を浴びることによって細胞の組織が傷つき、自身を保護・修復するために体がメラニン色素を生成するよう指令を出します。

 

こうなると、黒ずみやシミ、そばかすなどが肌に増え、紫外線によってダメージを受けた肌は激しく乾燥し、水分と油分を失ってしわの原因となります。かさつきやごわつき、見た目にも老けて見えてしまうなど、紫外線が肌に与える刺激は想像以上の強さで毎日降り注いでいるのです。

 

にきびは、毛穴から分泌される皮脂が詰まり、大気中のホコリやちりなどと交じり合って酸化し、アクネ菌のえさとなって炎症を起こすことによって発生します。

 

そこで、UVによって毛穴や肌が乾燥すると、肌は自らを保護するために皮脂を多く分泌してしまいます。よって、毛穴が詰まりやすくなり、にきびができやすい環境となってしまうのです。

 

ですから、にきびを効果的に予防するためには、肌にかかる負担をなくし、十分に失われた水分と油分を補給する保湿が要となります。まず、外出するときはもちろん、そうでないときでも、日焼け止め乳液を活用しましょう。

 

首や腕、耳の後ろにも、顔と同じように塗ります。ニキビが気になる人は、敏感肌用のものを活用し、肌に刺激が加わらないようにしましょう。また、クレンジングと洗顔をしたら、きちんと無添加の基礎化粧品で保湿をたっぷりとします。紫外線を浴びた肌は傷ついていますから、刺激を与えないよう、やさしくいたわるようにしてあげましょう。